ある男性がネットで梅毒の症状に関する相談をしていました。

あなたにも参考になると思うのでご紹介したいと思います。

◇脚の付け根が腫れたのは?

その男性は性風俗で遊んだ数週間後に脚の付け根に違和感を感じました。

よくみるとリンパ節の辺りが腫れています。ネットで調べてみると梅毒の症状かも知れないと思い当たりました。

しかし、男性の性器には何も異常が見られません。

もしも梅毒なら性器に初期硬結(しょきこうけつ)として硬いしこりが出来ているはず。では梅毒ではないのか。

男性は不安になってネットに書き込んだ訳です。

まぁ、この手の相談書き込みは最後はちゃんと病院へ行って医師に診察してもらわないと正しい判断は分かりません。

でも私が調べた情報を参考までに書いてみたいと思います。

性器に何も症状がなく、脚の付け根に腫れが出た場合、梅毒感染の可能性は低い。

これが私の調べた結果です。

私が所有する性感染症の本、あるいは医療サイトで調べてみると、梅毒に感染した後の症状はまずは感染した部位に出ます。

それから脚の付け根、鼠蹊部(そけいぶ)のリンパ節が腫れます。

そして梅毒は血液に入って全身に回り色々な部位に症状が出ます。

これが一般的な症状の出方になります。

通常、梅毒の感染部位は性器です。だからまずは性器に小さくて硬いしこりが出来ます。

次に脚の付け根が腫れます。その後バラ疹と呼ばれる発疹が全身に出ます。

従って、今回の相談者の男性のように性器に何も症状がなくてリンパ節が腫れているのは梅毒以外の原因ではないかと考えられます。

ただし、まれに最初の感染部位が性器ではなく口腔の場合もあります。この場合は性器に症状がなくてもリンパ節が腫れる可能性があります。

 

◇梅毒以外でリンパ節が腫れるのは?

一般にリンパ節が腫れるのは、外部から侵入した細菌やウイルスとリンパ球が戦って炎症を起こしているからです。

感染した部位に近いリンパ節が腫れます。

従って脚の付け根、鼠蹊部のリンパ節が腫れるのは下肢から病原菌が感染したような場合です。

例えば脚を怪我してそこから細菌が感染したような場合ですね。むろん、怪我以外のケースもあり得ると思います。

いずれにしてもリンパ節が腫れるのは何かの感染症が疑われるので病院で診てもらう必要があります。

今回は性器に症状がなく鼠蹊部のリンパ節が腫れている場合、梅毒感染の可能性があるかどうかについて私が調べたことを記事にしました。

あなたが不安な時は絶対に放置せず皮膚科で診てもらって下さい。梅毒の専門は皮膚科になります。

アイコンボタン梅毒は早期に見つけないと完治までの時間が長くなります。

梅毒バナー

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!5項目まとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから