あなたは、ご存知ですか?

日本国内の新規梅毒感染者はこの5年間で6.6倍に急増しています。(国立感染症研究所データ)決して過去の性病ではありません。

梅毒感染で必ず症状が出るとは限りません。日本性感染症学会『性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016』によれば、2015年の新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒でした。

梅毒・HIV・B型肝炎は重複感染が多く、放置すると進行が早まったり、より重症化する危険性もあります。

*あなたのご自宅でTP抗原法(CLEIA法)による梅毒検査が可能です。

■STDチェッカー タイプO(男女共用)

 

梅毒の感染初期症状を説明します。

これを知っておけば、イザというときにきっとあなたのお役に立つことでしょう。

ここでは梅毒感染の初期、第一期、第二期にどんな症状が出るのかを説明します。

◇梅毒の早期治療が大事なわけ

かつては不治の病であった梅毒も現在ではペニシリンなどの抗生物質の登場によって完治できるようになりました。

しかし、同じ治療を行うにしても早期発見、早期治療の方がより早く治るし症状も軽くてすみます。

私が読んだ専門書によると、梅毒の発見が第一期、第二期、第三期と遅れるに従って、治療に要する期間は4週間、8週間、12週間と長くなると書いてありました。

管理人注記:日本性感染症学会の治療ガイドライン2016年版にも同様の説明が記載されています。

むろん、個人差、症状によって一律には言えないでしょうが、ともかく感染初期で治療に入った方が早く、楽に治ることは間違いありません。

また、梅毒トレポネーマという病原菌は、感染第二期が最も感染力が強い細菌です。

あなたが知らないうちに梅毒を他の人にもうつしてしまう可能性もあります。

このように、梅毒に感染してしまったら自分自身のためにもパートナーのためにも早期に治療を受けることが大事です。

でjは、梅毒感染の初期症状はどんなものでしょうか。それをあなたが知っていれば、いざというときに役立ちます。

「あれ? 何かおかしいぞ?」

と異常に気付いたとき、次のアクションが正確に起こせるはずです。では梅毒の感染初期症状を説明していきましょう。

◇梅毒の感染初期症状

梅毒感染の第一期で感染に気が付けば、何より治療が楽です。では、第一期にはどんな症状が出るのでしょうか。

もしもあなたが梅毒に感染すると、感染してから3週間から6週間の潜伏期間の後、次のような症状が出ます。

●性器に硬いしこりができます

男性の場合は陰茎(いんけい)の先、包皮の内側、女性であれば大小陰唇や膣の入り口に、大豆くらいの大きさの硬いしこりができます。

これを梅毒の初期硬結(しょきこうけつ)と呼びます。

硬結とは硬くしこりのようになることを言います。

●リンパ節が腫れます

鼠蹊部(そけいぶ)リンパ節が痛みなしに腫れて、無痛性横痃(むつうせいおうげん)が現れます。

何だかやたらと難しい漢字が出てきますが、鼠蹊部というのは、あなたの太ももの付け根です。

横痃とは横根(よこね)ともいって、リンパ節が腫れたものをいいます。


こうした症状が第一期の代表的な症状であり、特に痛みもなく放置しておけば消えてしまいます。

それは本当に治ったわけではなく、第二期への潜伏期間に入っただけです。

従って、初期硬結や無痛性横痃の段階で異変に気づき、婦人科、泌尿器科、皮膚科において梅毒検査を受ければ、早期治療へつながります。

この第一期を逃すと、このまま第二期に進行し、次の段階へ入ります。

第二期では、

●全身にバラのような発疹(バラ疹)が出ます。

●外陰や肛門に扁平(へんぺい)コンジローマと呼ばれる平に盛り上がったいぼができます。

この段階で気づかないまま放置することはあり得ないと思いますが、すぐに専門医に診てもらうことが大事です。

最初にも書きましたが、この第二期が最も感染力が強くてうつりやすい時期なので、間違っても異変に気づいたまま性行為などしないことです。

また、梅毒はHIVとの重複感染が非常に多い性感染症なので、梅毒が気になるときにはHIVも同時に検査を受ければより安心できます。

梅毒はHIVと重複感染すると重症化したり、症状の進行速度が早くなったりすることがあります。

梅毒の第三期以降の症状についてはこちらをお読み下さい。

梅毒の症状について

 

◇最後にご注意!

今回は梅毒の感染初期に的を絞った症状を説明してみました。

なお、最後に重要なことをあなたにお伝えしておきます。

あなたは梅毒に感染すると必ず何かの自覚症状が出ると思っていませんか?

実はそうではありません。

国立感染症研究所の調査によると、2015年に新規梅毒感染者として報告された件数は2,692件でした。

このうち、約1/3に当たる832件は無症候梅毒でした。

⇒『梅毒感染者の1/3は無症候者!

従ってあなたに何も自覚症状が無いからと言って安心は出来ません。

症状が無くても梅毒感染の不安、心当たりがあれば早めの検査をお奨め致します。

梅毒検査はあなたの自宅で使える郵送式の梅毒検査キットもあります。

私も使いましたが信頼性が高くてとても便利です。

梅毒と重複感染の多いHIV、B型肝炎も同時検査すれば安心出来ます。

⇒『梅毒を自宅で検査体験記

アイコンボタン梅毒感染者急増!この2年間で2倍に増え、更に増加傾向にあります。
梅毒バナー

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!5項目まとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから