あなたは、ご存知ですか?

日本国内の新規梅毒感染者はこの5年間で6.6倍に急増しています。(国立感染症研究所データ)決して過去の性病ではありません。

梅毒感染で必ず症状が出るとは限りません。日本性感染症学会『性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016』によれば、2015年の新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒でした。

梅毒・HIV・B型肝炎は重複感染が多く、放置すると進行が早まったり、より重症化する危険性もあります。

*あなたのご自宅でTP抗原法(CLEIA法)による梅毒検査が可能です。

■STDチェッカー タイプO(男女共用)

 

梅毒の症状について説明します。

梅毒は感染してから3週間ほどの潜伏期間を経て発症し、病状の進行経過によって第一期から第四期までに分類されています。

◇第一期

発症してからおよそ3ヶ月くらいまでの期間です。次のような症状が現れます。

●感染した部分に赤いしこりが出来る。大きさは小豆大から、指の先くらいの大きさです。

発症場所として、男性で多いのは亀頭部、包皮などです。

女性で多いのは、大小陰部、子宮頸部などです。

まれに唇、口、手指などにも発症することがあり、これを陰部外下疳と呼びます。発症頻度は2%から3%程度と低い。

●このしこりは特に痛みはなく、放置していると2週間から3週間で消えてしまいます。

●ここから、約3ヶ月後に第二期を迎えるまでは無症状となります。

しかし、この間、病原体はリンパ節に潜入して増殖します。

この第一期ではあまり不快感を伴う異常が出ないため、自分が梅毒に感染していることに気付かないことが多いのです。

特に女性は男性よりも気付きにくいそうです。


◇第二期

感染してから3ヶ月後から、およそ2年くらいの期間です。

●バラの花びらをまき散らしたようなバラ疹が全身に現れます。(梅毒性バラ疹)

第二期の最も初期に見られる症状で、痛みもかゆみもなく、数週間で消えます。

小豆大の赤い盛り上がった発疹が、外陰部や肛門のあたりに出ます。

また、顔や手足に出ることもあります。また、汗もやニキビのような発疹が全身や陰部に出ることもあります。

●あるいは白い斑点が粘膜部分に現れることもあります。

梅毒の第二期には以上のような多様な発疹が全身の色んな場所に出ます。

しかも、他の病気の症状とも似ているため、医師の判断も難しいそうです。

●髪の毛が抜けることもあります。(梅毒性脱毛)

●リンパ節が腫れ、扁桃炎になることもあります。

●発熱、頭痛、倦怠感などの症状が出ます。

●この第二期までが感染力が強く、二次感染のリスクが高い時期です。

特に第二期は一番感染力が強い時期と言われています。

●これら第二期の症状は放置していると消えてしまい、第三期へと向かいます。

しかし、中には第二期の症状が出たり、消えたりを繰り返す場合もあります。

ほとんどの感染者はこの第二期までに感染に気付き病院で治療を受け、第三期、第四期まで進行することはありません。


◇第三期

感染してから2年から3年が過ぎた後の期間です。

●全身に硬いコブのような「結節性(けっせつせい)梅毒ゴム腫」ができます。

放置しておけば自然と消えますが、跡が残ります。

そして、ゴム腫は繰り返し発生するため、段々と跡が増えて外見的にひどい状態になっていきます。

ゴム腫が鼻骨にできると、鼻骨がくずれて「梅毒で鼻が落ちる」と言われる状態になります。

●第二期までに治療を受ける感染者がほとんどのため、現在この第三期をみることはめったにないそうです。


◇第四期

感染してから10年以上経過した後の期間です。

●病変が、脊髄や脳、心臓、中枢神経にまで及びます。

●脊髄がおかされると足に刺すような激しい痛みがあり、歩行出来なくなります。

また、下半身がマヒ状態になることもあります。

●脳がおかされると進行性マヒとなり、言語障害や誇大妄想、判断不能状態など、痴呆症状が現れます。

●日常生活は困難となり、最後は死に至ります。

ただし、現在は第四期まで進行した患者をみることはありません。

以上が梅毒の症状です。

 

◇まとめと無症候梅毒について

読んで頂いてお分かりの通り、感染初期、第二期までに治療を受ければ比較的症状が軽くて済みます。

治療期間も短くて終わります。とにかく、少しでも異常を感じたら即、病院で診てもらって下さい。

私が調べたところ、感染第一期、第二期までに見つかって治療した場合は凡そ1ヶ月、第三期だと2ヶ月、それ以上だと3ヶ月以上の治療期間がかかるそうです。

『梅毒の治療について』

最後に無症候梅毒について説明しておきます。

今回、梅毒の症状について説明しましたが、梅毒に感染しても症状が出ないことがあります。

国立感染症研究所の調査によると、2015年に新規梅毒感染者として報告された件数は2,692件でした。

このうち、約1/3に当たる832件は無症候梅毒でした。

⇒『梅毒感染者の1/3は無症候者!

従ってあなたに何も自覚症状が無いからと言って安心は出来ません。

症状が無くても梅毒感染の不安、心当たりがあれば早めの検査をお奨め致します。

梅毒検査はあなたの自宅で使える郵送式の梅毒検査キットもあります。

私も使いましたが信頼性が高くてとても便利です。

梅毒と重複感染の多いHIV、B型肝炎も同時検査すれば安心出来ます。

⇒『梅毒を自宅で検査体験記

むろん、すでに何かの症状が出ている場合には検査キットなど使っている場合ではありません。

速やかに専門医の診察を受けて下さい。

アイコンボタン梅毒は早期に見つけないと完治までの時間が長くなります。
梅毒バナー

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!5項目まとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから