あなたは、ご存知ですか?

日本国内の新規梅毒感染者はこの5年間で6.6倍に急増しています。(国立感染症研究所データ)決して過去の性病ではありません。

梅毒感染で必ず症状が出るとは限りません。日本性感染症学会『性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016』によれば、2015年の新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒でした。

梅毒・HIV・B型肝炎は重複感染が多く、放置すると進行が早まったり、より重症化する危険性もあります。

*あなたのご自宅でTP抗原法(CLEIA法)による梅毒検査が可能です。

■STDチェッカー タイプO(男女共用)

 

あなたが過去に梅毒に感染し、現在は完治しているとします。その場合、あなたは献血を行うことが出来るでしょうか?ご存知ですか?

ネットの相談サイトを見ていると、たまにこの相談を見かけます。

「過去に梅毒に感染し、現在は完治しています。献血を行うことは可能でしょうか?」

こんな質問です。さて、献血は可能でしょうか、それとも不可でしょうか?あなたはご存知ですか?

 

◇日本赤十字社の公式サイトでは?

これは結論から言いますと、残念ながら

「献血は出来ません」

となります。

日本赤十字社のホームページの中に、「献血をご遠慮いただく場合」と言うページがあります。

この中に、

「梅毒にかかったことのある方」

と明記されています。献血前の問診票にも、

「今までに次の病気にかかったことがありますか?」

と言う問いがあって、梅毒も含まれています。問診票でここが「ハイ」の方は献血を遠慮してもらうことになります。

更に献血後の血液検査においても、HIVやB型肝炎、C型肝炎と同時に梅毒検査も実施されています。この梅毒検査は梅毒抗体検査であり、あなたが一度でも過去に梅毒感染すると、例え完治しても陽性判定となります。

 

◇梅毒が完治しても献血出来ない理由は?

さて、以上は日本赤十字社の公式サイトに載っている情報です。要するに梅毒は血液感染するので、献血による血液感染を防ぐことが目的で先ほどのような制限を設けている訳です。

でも、梅毒が完治しているのになぜ献血がダメなのか?あなたはそう疑問に思うかも知れませんね。その疑問に対する答えは日赤のホームページには書かれていません。

そこで私なりに推測すると、

「梅毒が完治しているかどうか判定が難しいから」

だと思います。当サイトで何度もご案内の通り、梅毒抗体は完治しても消えません。梅毒抗体検査は陽性のままなのです。従って、献血時の梅毒抗体検査だけでは現在梅毒に感染中なのか、過去に梅毒感染して現在は完治しているのか、その判断は難しいのです。

日赤としては少しでも血液感染の可能性があればやはり使用する訳にはいかないのでしょう。

献血に協力したい、誰かのお役に立ちたいと願う気持ちは尊いものですが、血液感染を絶対に発生させないという日赤の使命もまた分かります。

従って、残念ながら梅毒は完治しても献血は出来ません。

■梅毒はHIVと重複感染が多く、重症化したり進行が早まることがあります
■STDチェッカータイプO(男女共用)
梅毒・HIV・B型肝炎 重複感染が多いので同時検査がお勧めです。

■梅毒が不安ならこれらの性感染症は大丈夫ですか?みな同じ感染ルートです。
■STDチェッカータイプE(男性用女性用
梅毒・HIV・B型肝炎・クラミジア・淋菌 5つの性感染症がまとめて検査可能です。

■検査の信頼性について(郵送検査認定事業者とは?)

■利用者の声(6613件の口コミ)