もしもあなたが過去に梅毒に感染したことがあるとして、それを恋人や結婚相手にカミングアウトしますか?むろん、現在は完治しているとします。

今回は梅毒のカミングアウトについて私の思うところを記事にしたいと思います。

 

◇ある男性の悩み

梅毒の既往歴をカミングアウトするべきか、否か。こんな質問をネットの相談サイトで見つけました。私はこんな質問を過去に見たことがなかったので、思わずギョっとしました。

梅毒に感染すると完治しても抗体検査で陽性が残ります。だから相手に隠していても、いつかばれてしまう可能性があります。それを心配して、それなら最初にカミングアウトした方がいいのでは・・・と、悩むわけです。

正直、こんなことで悩んでる人がいるんだ・・・、そう思いました。私に言わせればまったく悩む必要なしです。

私ならカミングアウトしません。する必要なしです。

そして、もしも将来何かのきっかけで梅毒の既往歴が恋人や結婚相手に知られたとしても、別に何とも思いません。それは単に過去に別の相手と性行為をしたという事実が明らかになるだけのことです。

まさか童貞や処女を条件に結婚はしないでしょう?過去に性体験のあることが問題になったりはしないでしょう?

 

◇性感染症は誰でも感染する

そもそも梅毒感染のカミングアウトで悩むというのは、前提として梅毒に感染したことがまずいこと、悪いこと、という認識があるんだと思います。

梅毒に感染するような人はどこかいかがわしい性風俗で遊んでいたのではないか、不特定多数の相手がいたのではないか、といったイメージから来てるのではないでしょうか。

しかし、現実は全くそうではありません。梅毒をはじめとする性感染症は普通に誰でも感染する可能性があります。別にいかがわしい風俗だけが感染源ではないのです。

私やあなたの日常生活の中に性感染症の感染リスクは存在します。何も特別な人が特別な場所で感染するのではありません。

梅毒の既往歴を無条件に拒否する人は、そこを勘違いしているのかも知れません。

 

◇最後に判断するのは・・・

先ほど書いたのはあくまで私の個人的な見解であり、絶対正しいとは思っていません。要は梅毒の既往歴をどうとらえるかの問題です。

絶対に許せない事実だとして譲らない相手であれば、それもアリだとあきらめるしかないかも知れません。あるいは、それは偏見だとこちらからサヨナラするのもアリかも知れません。

ただ言えることは、梅毒の既往歴は許せないと思ってる人もいつ自分が梅毒に感染するかも知れないということです。明日は我が身であり、繰り返しますが何も特別な人だけが梅毒に感染するのではありません。

最後に私の結論です。梅毒の既往歴はわざわざ隠す必要もないけど、カミングアウトする必要もない。何かのきっかけばあればあっさり話してしまえばいい、そう思います。

どうするかを最後に判断するのはあなたです。そして、もしかしたら逆の立場、すなわちあなたの相手からカミングアウトされることもあるかも知れません。

その場合もどう判断するかはあなた次第です。梅毒感染の正しい知識、情報を知った上で判断して欲しいなと思います。

アイコンボタン梅毒は早期に見つけないと完治までの時間が長くなります。

梅毒バナー

梅毒とHIVは重複感染が多い。ぜひ同時検査を!
タイプOバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝検査。(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

矢印STDチェッカー タイプO
一番怖い、一番感染者が多い。不安ならまとめて検査。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・まずは5種類検査で一安心

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから