あなたは、ご存知ですか?

日本国内の新規梅毒感染者はこの5年間で6.6倍に急増しています。(国立感染症研究所データ)決して過去の性病ではありません。

梅毒感染で必ず症状が出るとは限りません。日本性感染症学会『性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016』によれば、2015年の新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒でした。

梅毒・HIV・B型肝炎は重複感染が多く、放置すると進行が早まったり、より重症化する危険性もあります。

*あなたのご自宅でTP抗原法(CLEIA法)による梅毒検査が可能です。

■STDチェッカー タイプO(男女共用)

 

もしもあなたが梅毒に感染してしまったら、同時にHIVにも感染している確率はどの程度あるでしょうか?

ネットで見かける梅毒やHIVの相談サイトでは、こんな質問が時々出てきます。

「病院で検査してもらったら梅毒に感染していることが分かりました。すぐに治療してもらっています。

でも心配なのはHIVです。

梅毒とHIVは重複感染が多いと聞いていますが、私のように梅毒に感染している人がHIVにも感染している可能性はどのくらいあるでしょうか?」

さて、あなたはどう思いますか?

◇HIVと梅毒の重複感染

この質問者の気持ちはよく分かります。事実、HIVと重複感染がもっとも多い性感染症が梅毒なのです。

当サイトでもすでに記事にしています。

『梅毒とHIVの重複感染』

詳しくはこの記事をご覧頂くとして、私は2つのデータをその記事の中でご紹介しました。

●私が保健所でHIV検査を受けたとき、「HIVと最も重複感染が多いのは梅毒」だとする冊子をもらった。

●国立国際医療センターの調査で、HIV感染者の68%が梅毒にも感染していた。

この2つです。

こうした記事(事実)を目にすると、すでに梅毒に感染している人がHIVを心配するのも当然です。

心配になってネットの相談サイトに書き込む気持ちも分かります。

では実際問題として、梅毒に感染しているとどの程度の確率でHIVにも感染しているのでしょうか。

 

◇HIVと梅毒の感染確率は違う

梅毒に感染してしまった人がHIV感染も心配して不安になる。これは当然だと書きました。

しかし、実際問題として梅毒とHIVの感染確率は全く異なります。

梅毒は非常に感染力が強く、特に感染の初期(一期・二期)に感染力が最も強いとされています。

諸説ありますが性行為1回上当りの感染確率は30%以上とも言われています。

しかもコンドームを使用しても完全には予防できません。

梅毒は性器以外の場所に患部が発生することもあり、そこと接触することで感染する可能性があるのです。

それに比べてHIVは感染力が弱く、1回当りの感染確率は1%以下とされています。

梅毒の感染力とは比べものにならないくらい弱いのです。

くり返しますが、梅毒の感染確率は30%以上、HIVの感染確率は1%以下。

そうすると、HIV感染者の調査によって梅毒感染者が多く見つかるのはある意味理屈に合っています。

梅毒の方が圧倒的に感染力が強いのですから。

私が調べた限り、「HIVと梅毒の重複感染」に関する記事のほとんど多くは、「HIV感染者」が主語になっています。

「HIV感染者には梅毒感染者も多い」

という表現で書かれています。

一方、梅毒が主語になっている記事はとても少ないのです。

少なくとも、

「梅毒感染者の〇%がHIVにも感染していた。」

という類の記事にお目にかかったことがありません。

何度も書いているようにHIVは梅毒に比べて感染力が弱いので、梅毒には感染したけどHIVには感染しなかった、と言う人が大勢いるはずです。

従って、もしもあなたが梅毒に感染してしまったら、必ずHIV検査を受ける必要はありますが、だからと言って検査前から過度に怯える必要はありません。

梅毒に感染してもHIVには感染していない人の方がずっと多いはずですから。

 

◇しかし、HIV検査は必須!

今書いたように、梅毒に感染したからといって、すぐにHIVに感染したと思い込む必要は全くありません。

それでもこの2つの性感染症が重複感染することが多いのは事実なので、梅毒感染が分かったらHIV検査は必須です。

また、HIV感染が分かったときには梅毒検査も必須となります。

もしも重複感染していると、単独の場合以上に症状が重症化したり、病気の進行が早くなったりすることがあります。

こうした背景があるので、保健所ではHIV検査と同時に梅毒検査も無料・匿名で行っているケースが多いのです。

日本国内においては、男性同士の性的接触がHIV感染の最大感染ルートになっています。

この感染ルートは梅毒に関しても非常に感染確率の高いルートとされています。

この意味からも梅毒感染が分かったらHIV検査を、HIV感染が分かったら梅毒検査を受けることが必須です。

一番いいのは、最初からこの2つを同時に検査することです。

更に言えば、B型肝炎もまたHIVとの重複感染が多いので、HIV・梅毒・B型肝炎、この3つを同時に検査することが望ましいのです。

さて、一番最後に、冒頭の質問の答えを書きます。

梅毒に感染したら、HIVにも感染している確率はどのくらいか?

答えは

「分かりません。心配なら検査を受けてください。」

これしかありません。

なお、日本性感染症学会の調査によると、2015年の新規梅毒感染者のうち、凡そ1/3は無症候梅毒でした。

あなたに何も自覚症状がなくても梅毒感染の不安や心当たりがあれば早めの検査をお奨め致します。

どうしても病院へ行く時間のないあなたは自宅で利用できる郵送式の梅毒検査キットもあります。

梅毒、HIV、B型肝炎、この重複感染の多い3種類の性感染症がまとめて検査出来ます。

私も使ってみましたが、とても簡単で安全でした。

アイコンボタン梅毒とHIVは重複感染が多く、重症化したり進行が早まったりします。
梅毒バナー

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!5項目まとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから