梅毒の予防方法についてコンドームの使い方を説明します。

何と言っても梅毒感染予防の第一歩はコンドームの使用です。これが最も効果的な梅毒の予防方法になります。コンドームは梅毒だけでなく、HIVやその他の性感染症予防においても非常に効果的です。

ただし、避妊目的ではなく、性感染症予防の観点からコンドーム使用を考えた場合、オーラルセックスやアナルセックスにおいてもコンドームを使用することが非常に重要です。それと、コンドームを正しく使うことも重要です。

コンドームは挿入前に装着するのでは遅すぎます。男性の性器が勃起状態になったら、即コンドームを装着します。そして、装着も正しい手順で行うことが大事です。以下に正しい装着手順をご紹介します。

◇コンドームの正しい装着手順

①まず、コンドームの取り出し方です。パッケージから取り出すときにコンドームに傷をつけないように注意します。爪で傷をつけたり、パッケージのとがった切り口などで傷がつかないようにします。

②コンドームの裏表を確認する。コンドームの表側はぬるぬるしています。それに比べて裏側はややざらざらした感触です。触ってみれが分かるので、落ち着いて間違えないようにします。

③いよいよ装着ですが、まず、皮(包皮)を根元まで下ろして亀頭がしっかり出るようにします。

③コンドームの先っぽに、精液だめと言うとがった部分があります。そこを指でつまんで空気を抜きます。この精液だめに空気が入ったまま装着すると、使用中に破れて精液が漏れる原因になる可能性があります。こんなこと、ちゃんとやってました?

④精液だめの空気を抜いたら、そのままつまんだ状態でペニスにコンドームをかぶせ、根元まで押し下げます。

⑤このまま使用すると、途中でずれる危険があります。コンドームを押し下げたら、今度は皮ごとコンドームを一度上に戻して、コンドームがかぶってない皮を押し下げ、それからもう一度コンドームを下げます。これでしっかり、コンドームが装着出来ました。文字で書くと、分かりにくいかも知れませんが、要は使用中にずれない、外れないようにすることが大事です。

⑥最後に、コンドームを外すときの注意です。男性の人はお分かりだと思いますが、射精が終わると急に勃起状態は終わります。だから、射精の終わった後も、コンドームをそのままにしていると、ペニスを膣から抜くときに、コンドームがそのまま残ってしまう危険があります。射精が終わったら、速やかにペニスの根元をしっかり持って、コンドームを外します。

⑦まさか、そんな人はいないと思いますがコンドームは再使用出来ません。1回キリの使い捨てです。洗ってもダメですから、ケチらないようにして下さい。

以上が正しい装着手順、取り扱い方です。なお、コンドームの品質にも注意して下さい。ラブホテルの備え付けのコンドームや、試供品でもらったようなコンドームは避けた方が無難です。

◇コンドームだけでは完全に予防できない

コンドームはむろん、非常に有効な対策になるのですが、オーラルセックスでの感染を考えると、男性が女性に対して行うオーラルセックスの予防も必要です。この場合にはコンドームは関係ありません。出来ればデンタルダムを使うのが望ましいのです。

このデンタルダムはコンドームに比べて、あまり知られていないのではないでしょうか。コンドームは男性が装着しますが、デンタルダムは女性が使います。薄いシートで女性の性器に貼り付けてオーラルセックスなどをします。つまり、膣分泌物が男性の口、喉に入らないようにすると同時に、男性の口や喉の分泌物が膣に入らないように遮断します。

ただ、私自身は使ったことがないので、使い心地や装着の手間については分かりません。実際の感染確率が低いからそこまでは・・・と思いがちなところではありますが、ご用心です。梅毒に限らず、クラミジアや淋菌などもオーラルセックスによる感染が非常に流行しています。

以上が梅毒の感染予防法でした。確実に予防しようとすれば、コンドームの使用だけではダメであり、デンタルダムの使用も必要かも知れません。いや、絶対確実な感染予防は、安全確実な相手とだけ性行為を持つことです。それが出来れば苦労はしない、そんな声も聞こえてきそうですが。

■梅毒はHIVと重複感染の例が多く、重症化したり進行が早まることがあります。
・STDチェッカー TypeO(男女共通)
梅毒・HIV・B型肝炎 重複感染が多いので同時検査がお勧めです。

■梅毒が不安ならこれらの性感染症は大丈夫ですか?みな同じ感染ルートです。
・STDチェッカー TypeE (男性用)(女性用)
梅毒・HIV・B型肝炎・クラミジア・淋菌 5つの性感染症がまとめて検査可能です。

■検査の信頼性について(郵送検査認定事業者とは?)

■利用者の声(6372件の口コミ)