あなたは、ご存知ですか?

日本国内の新規梅毒感染者はこの5年間で6.6倍に急増しています。(国立感染症研究所データ)決して過去の性病ではありません。

梅毒感染で必ず症状が出るとは限りません。日本性感染症学会『性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016』によれば、2015年の新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒でした。

梅毒・HIV・B型肝炎は重複感染が多く、放置すると進行が早まったり、より重症化する危険性もあります。

*あなたのご自宅でTP抗原法(CLEIA法)による梅毒検査が可能です。

■STDチェッカー タイプO(男女共用)

梅毒は一度感染すると完治しないってホントでしょうか?

もしもあなたが梅毒に感染した場合に備えて一般知識としてお読みください。

今まで全く気が付かなかったのですが、

「梅毒は一度感染すると完治しない」

という記事がネット上にあります。

何だかもっとも至極なことが書かれてあって、知らない人が読むとホンキにしそうです。

しかもその気で検索してみると、けっこうな数のサイトが見つかりました。

「梅毒は完治しない」

と書いてあります。

そこで私が調べた梅毒治療の実態を報告したいと思います。

◇梅毒は完治しない?

梅毒は完治しないとする記事の要点はどの記事もほぼ同じです。

『梅毒に感染すると症状は薬で治るが病原菌は体内に残る。その意味で完治はしない。』

これがほぼ共通して書かれている要旨です。

更にこんなことまで書いているサイトがあります。

『体内に残った病原菌は体力が低下したり免疫力が低下したときに増殖して梅毒が再発する。』

『体内に病原菌が残っているため、ずっと感染力を持ったままになる。』

とまぁ、こんな感じです。

こんな記事がずらりと並んでいるのですが、私に言わせるとこれらの記事にはもう一つの決定的な共通点があります。

それは、今紹介したような記事を書いているのは全て医療の専門家以外と言う点です。

公的機関、信頼できる医療機関で「梅毒は完治しない」などと書いているのを見たことがありません。

そして私が持っている性感染症の本のどれにも「梅毒は完治しない」などとは書かれていません。

梅毒は薬で完治する性感染症と書かれています。

ただし、梅毒に一度感染すると、梅毒駆除に成功して完治してもなお、FTA-ABS法TPHA法などの検査方法では検査結果が陽性となります。

それは体内から梅毒は消えても、梅毒抗体が残っているからです。

しかしこれをもって「梅毒は完治しない」というのは全く変な話です。

体内から梅毒トレポネーマが駆除出来れば完治しているのであって、抗体反応が残っていてもそれは梅毒という病気が残っている訳ではありません。

従って再感染しない限り再発することはないし、感染力が残ったままで誰かにうつしてしまう危険性もありません。

しかし、実は梅毒は無条件で完治する性感染症ではありません。

ここをあなたに知っておいて欲しいのです。

下に続く・・・

 

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO


◇梅毒を完治させるための条件とは?

日本感染症学会のホームページには、梅毒治療について次のように書かれています。

●感染後2年以内の早期梅毒(第1期及び第2期)では、十分な量のペニシリンを少なくとも10日間投与すれば、完治する。

●感染から満2年以上が経過した晩期梅毒については、完治するか否か、定かではない。

なのだそうです。

実際問題として梅毒に感染した場合、多くの人は第2期までには自覚症状に気付きます。(ただし中には症状の出ない無症候感染者もいます。)

その段階で検査なり治療を受けることになります。従って梅毒は完治するのです。

でも、中には自覚症状が出ているのに放置したまま病院に行かず、第3期まで進行する人がいるかも知れません。

それはとても危険なのですね。

あるいは、梅毒とHIVを重複感染した場合、通常よりも早いスピードで第3期まで症状が進行することがあります。

この場合も危険ですね。

しかし、晩期梅毒が完治するかどうか分からない、と言っても梅毒で亡くなった人の話はちょっと聞いたことがありません。

ペニシリンが見つかる以前ならともかく現在では死に至ることはまれだと思います。

完治するかどうか分からないと言うのは、梅毒は駆除出来るけど何か後遺症が残る可能性があると言うことでしょうか。

この点、正直なところよく分かりません。

私の所有する性感染症の本のどれを見ても、梅毒は抗生物質で完治可能と書かれています。

まぁ、日本感染症学会の専門家の言われることなので事実なのでしょうが、他で見たことがないのも事実です。

いずれにしても早期発見、早期治療が重要なことは間違いありません。

なお、梅毒は早期に治療を開始した方が治療期間が短くて済みます。

この点からも早期発見、早期治療が望まれます。

日本性感染症学会の治療ガイドライン2016年版によれば、梅毒治療で行う抗生物質の投与期間は、

●第1期は2~4週間

●第2期では4~ 8週間

●第3期以降では8~12週間

を要すると解説されています。

いかに早期発見、早期治療が大事かお分かり頂けると思います。

 

◇早期治療には早期発見が大事

早期発見の観点から注意すべきは、

「梅毒は必ずしも自覚症状が出るとは限らない。」

ということです。

「無症候梅毒感染者はこんなにいる!」でも説明しましたが、2015年に新規梅毒感染者として報告された2,692件のうち、無症候感染者が1/3もいたのです。

従って、あなたに何も自覚症状がないことが梅毒感染を否定する根拠にはなりません。

梅毒もまた、HIVやクラミジアなどの性感染症と同じく、症状の有無に関わらず検査を受けてみないと感染しているかどうかは分かりません。

そして検査を受けるなら出来るだけ早期の検査を受ける方が、万一陽性だった場合の治療には絶対有利です。

 

◇まとめ

では、今回のまとめです。

●梅毒は第2期までに治療を開始すれば完治できる。

●感染から満2年以上が経過した晩期梅毒については完治は定かではない。

●梅毒感染の1/3は無症候梅毒であり、検査を受けて見ないと感染は分からない。

●梅毒治療で完治するまでの期間は、早期に治療を開始した方が短くて済む。

以上です。

この記事をあなたの梅毒感染不安の解消にお役立てください。

アイコンボタン梅毒感染者急増! 5年間で5倍以上に急増中!

梅毒バナー

梅毒とHIV・B型肝炎は同時検査!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝検査
(男女共通)

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!5項目まとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから